フリーダイヤル0120-932-177

ソフト開発

モバイルアプリ開発
レフトバー
遠距離利用 / 使い勝手 / 安価なご予算 / 集計や分析 / ご発注から完成
※FaileMaker iOSセミナーレポート


■業種・分野を問わずつくります
今では業務処理をパソコンで行うことが当たり前となり、更にインターネットを利用して昔では考えられない高度な機能が安価で簡単に実行できるようになりました。
当社ではファイルメーカーを使い、販売、製造、管理、教育等、長年の帳票づくりで培ったノウハウを元に、システムの設計から制作までを行っております。

●製造業/受注管理、生産管理、工程表、入出庫・在庫管理、資材管理、部門別加工高 他
●小売業/顧客管理、商品管理、販売管理、入出庫・在庫管理 他
●サービス業/顧客管理、スケジュール管理、売上管理 他
●商社・販売会社/顧客管理、商品管理、販売管理、入出庫・在庫管理 他
●病院・薬局/電子カルテ、医事・会計管理、看護支援システム 他
●教育関連/学籍管理、入試・成績管理、出欠管理、教務管理、就職管理、

■こんなご要望にもお応えします
今使っているシステムが古くて使いづらい
エクセルでは処理しづらく、かと言ってソフト開発という大げさな予算は取れない。
本支店を含めた全社員で共有できるシステムにしたい
事業の拡大や市場の変化に応じて、システムの内容も変えられるものにしたい。また導入後、簡単な改良くらいは自分で行える柔軟性が欲しい。




■外出先や、遠距離でも使えます
VPNによって出張先や営業車両内など、どこにいても社内同様にシステムを使うことができます。 また、パソコンだけでなくiPadとiPhoneでも同時に対応しますので、携帯システムもとしても便利です。
パソコンが使えない外出先や 作業現場等ではiPadとiPhoneがとても便利です。
●セキュリティ FileMakerは重要な情報を管理する観点から、セキュリティーには特に配慮し、アクセス権の設定により項目ごとの閲覧や入力の制限を設定することができます。 また、AES-256ビット暗号化に対応しているため、外部からも不正アクセスはできなく安全な運用ができます。
外出先

■使い勝手の良さ
ソフトを作る上で大切なことは「このソフトにどのような処理をさせるか…」という目的と、「誰もが使える…」という条件があります。前者は比較的明確になりますが、後者は後回しにされることが多く、実際に使う段階で色んなトラブルになることも少なくありません。当社ではそのようなことを避けるため、事前にお客様に分かりやすく、図表上でシュミレーションを行い、作成段階に入っても必要に応じてご確認とご要望をお聞きしております。
●画面デザイン 見易さは使いやすさに大きく影響します。日常の業務として毎日使ものですから決して疎かにはできません。レイアウト、色使い、文字の大きさ等、個々の場面において使う人のことを考慮し、設計をしています。
高齢者
■安価なご予算で
ソフトウェアの開発は、大半が人手によるものですから決して安いものではありませんが、当社では多様なプログラム言語は使わずファイルメーカーで制作しています。また、開発に付帯する業務も基本的に当社内で行っておりますので、かかる経費を低く抑えることができ、結果的にお客様へ安価なご提供が実現できています。 もちろん安いからといってレベルが低いわけではまりません。他言語で作られるシステムと比べても機能や処理能力でまったく遜色なく、高度な技術が必要とされるiPhoneやpadにも対応し、アフターを含めお客様よりご満足いただいております。

■ご自分でカスタマイズ
完成したシステムを使っているうちに、ちょっとした機能の変更や追加の必要性も出てくると思いますが、簡単なことでしたらご自分で変更をすることができます。また、このファイルメーカーは一般の方でもお使いの方が多く、当社で基本部分を制作した後、お客様ご自身で改良されるというケースも多くあります。

■パッケージソフトにはない柔軟性
最近はパッケージソフトも安価でありながら機能を高めたものが出ていますが、それは幅広いニーズに応えるため標準的なものとなり、利用者はソフトに業務を合わせた使用を迫られます。 当社はオーダーメイド開発が基本ですのでお客様の事業に合わせた機能はもちろん、使い勝手やご予算、アフター等、細部に亘ってご対応させていただいております。


■集計・分析
勘や経験だけでは見えない実態を、ご要望に合わせて分かりやすく表示させます。一般的な分析はもちろん、営業・製造・経理等の部門に関わる複雑な分析もご要望に応じて制作します。
●分析結果の表示 数字だけでなくグラフにまとめることもできますので、会議等の資料づくりにも便利です。
グラフ・統計
制作事例

■ご発注から完成まで
Step1ヒアリング: 内容やご要望をお聞きいたします。

Step2お 見 積 り: 図式化したシステム内容でご説明します。

Step3ご 発 注: 必要に応じて契約書を交わします。

Step4設   計: 細部の内容を確認し設計に入ります。

Step5仮 運 用: 実際にお使いいただき問題点を洗い出します。

Step6本 運 用: 仮運用での修正を済ませ本稼働します。

ページトップへ戻る